So-net無料ブログ作成

クチナシのルームフレグランス [エコな暮らし]

庭で一気に咲き始めたクチナシ。

いよいよ咲くばかりに膨らんだつぼみを一つ
失敬してお部屋に飾ると、
半日もすればホンモノのクチナシの香りが
家中を満たします。

これが我が家のルームフレグランス。

IMG_1464.JPG

香りの有効期限は4日ほど。
この刹那がまたたまりません[かわいい]

お誕生日 [子育て]

9歳の誕生日を迎えた下の娘。

もう9歳ね。

しみじみ、感慨深いものがこみ上げてきます。

沢山の人たちから支えられ、愛されて
ここまでよく育ってくれました。

みなさん、本当にありがとうございます。

IMG_1462.JPG

今回も、eriさんの
64(ムシ)ケーキと着物ケーキで
大いに盛り上がりました♪


台風がやってくる!

小学校のプール授業は私も楽しみにしていたっけ。

最近ではずいぶん回数が減り、夏休みまでの間に
ほんの数回だけ実施されるプールの授業が
今日あるはずでした。

今朝、とびきりの早起きをした小三の娘は、
ざあざあ降る雨と、台風の到来に激怒しておりました。

運動会も、プールも、楽しいことはぜーんぶ
天気のせいでだめになる!!だそうです。

ほんとだねぇ。
今年は色んな行事が雨で行事が延期になったりしたもんね。

夏休み、いっぱい海にいこうね…と
心でつぶやく私。

どうか今回の台風が大きな被害をもたらしませんよう。
皆さま、くれぐれもお気をつけてお過ごしくださいますよう。

今日は事務所1階で「あおいそら」が開催されます[るんるん]

アントロポゾフィー研究会を終えて [研究会]

6月16日に行われた研究会。

参加者の方たちと一緒に読んだ
「オックスフォード教育講座」
(ルドルフ・シュタイナー講演録)では、
子供たちに対する教育者の心が
どれくらい大切かということについて
ルドルフシュタイナーの語った言葉を
手がかりに考えてゆきました。

子供と向かい合って、子供から学ぶことによって自分を高めていくこと。
それが教育者の本来の課題としてとらえる。

言葉で言うと簡単ですが、日常で子供と接していると、
ふいに逆の感覚に陥っていることに気がつきます。

どの位置から大人が子供をみているか。

近頃教育の現場で起きている驚くべき事件を
報道などで目にするたびに思います。
大人がもう少し原点に戻って、
普遍的に大切なことはなんなのかを
しっかりと考えてゆく必要があると。

子供への教育のスタートは、
大人の自己教育に尽きる気がします。

自分の弛んだ帯をしめなおして、
日常の生活に戻る機会を持てたことが
何よりの収穫でした。

ご参加いただいた方やナビゲーターのお二人に
この場を借りて改めて感謝です。

この会へのご参加は随時受け付けます。
お問い合わせ、お申し込みは

terima-kasih@abox3.so-net.ne.jp

までどうぞ。




雨を待って♪

雨を待って待ちわびて、
もう待てなくなって
庭のクチナシが一気に咲きました。

IMG_1457.JPG

昨日まで蕾だったのに。

庭に出るとほのかにクチナシの香りが。

あぁ~[ぴかぴか(新しい)]

いい香りです[かわいい]

花より団子?卵が先? [すてきな人たち]

ニワトリ続報でご紹介した陶山さんのお宅に
ちょっと用事で立ち寄ったら、帰り際、

「そうそう、あなたの子供たちに、これ持って行ってあげて[るんるん]
と、箱を一つ抱えてこられました。

「何だと思う??わからないわよねー[ハートたち(複数ハート)]」と
陶山さんが少女のように笑いながら,
秘密の箱のふたをパカッとあけると、
中には沢山の卵が入っていました。

IMG_1454.JPG

中には日付が書かれた卵もあります。

そう。あの子たちの卵です。

娘が卵を孵してから、そろそろ3年が経とうとしている2羽のめんどりを,
里親として大切に育ててくれている陶山さん。

「毎日卵を生んでいるから、あなたの子供たちに食べてもらおうと思って
とっておいたのよ~」とのこと。

本当にありがたい事です。

卵に夢中で、お庭で遊ぶニワトリたちに会うのも忘れて
飛んで帰りました。

花より団子?卵が先?

我ながら食いしん坊だなぁと思います。

日付の書かれた新しい卵は
卵かけごはんとして娘が喜んでいただきました。


食卓に並ぶ食材にストーリーがあるって大切な事だなぁと思います。
こういうことこそ、食育なのではないでしょうか。


何よりも、こんな素敵なプレゼントを用意してくれていた気持ちが嬉しいのです。

残りは煮卵にしていただきました♪
(シェフの技術的な問題により、見た目がかなり不細工になりましたので写真は割愛します[ふらふら]

ふしぎなともだち [子育て]

小学校三年生の読み聞かせで、
今日もいい絵本に出会いました。

子供たちの引き込まれてゆく展開、話の内容が
素晴らしかったので、ぜひ。

「ふしぎなともだち」

512VQ8K3QML__SL500_AA300_.jpg

こんなこと、身近にもありそうですよ[ぴかぴか(新しい)]


ナスの収穫 [エコな暮らし]

庭の小さな畑で収穫したナスの初物です[かわいい]
(後ろのニンジンときのこは買って来た物デス)

IMG_1456.JPG

畑には化学肥料などは入れませんでした。

庭に戻している残飯を微生物達が分解したホクホクの土を
畑に入れて苗を植えています。
追肥として、小さく砕いた牡蠣ガラや米ぬかなどを
気がついたときにちょこちょこ足しています。

こんな自己流の畑仕事でよいのかどうかはさておき、
無事に初物が収穫できたのでホッとしています[るんるん]

紫色のきれいな花が咲いてからは実が一気に育ち、
ナメクジの猛攻も交わして立派に育ってくれました。

初物はパスタの具材としていただきまーす♪

田植えの季節

昨日、近所の田んぼで用水路から水をひいて
田植えの準備をしている光景を沢山見かけました。

今週末辺りにはトラクターや手植えで
田んぼに小さなお米の苗が植えられてゆくのでしょうね。

しばらくの間はスカスカの田んぼに頼りなさげに風にそよぐ苗が、
9月頃の収穫までに一気に逞しく成長します。

子供たちと一緒に田んぼの管理を約三年に渡り
経験しましたが、暑い盛りの田んぼでの草取りは
並大抵の労力ではありませんでした。

月並みな言葉ですが、お百姓さん達の汗の結晶が
お米として実るのですから感謝せずにはいられません。

ふと見渡すと周囲の家々では色とりどりの紫陽花が咲いていました。

今年はカラ梅雨ですが、
曇天を彩る紫陽花はとても綺麗でホッと心が和みます。

IMG_1423.JPG


絵本の読み聞かせ・小学校三年生編 [子育て]

朝の絵本の読み聞かせが今年も始まりました。

小学校三年生になった娘のセレクトで今日読んだ絵本が
子供たちに大ウケだったのでご紹介します。

一冊目は

「かずあそび ウラパン・オコサ」

51V40TGJK3L__SL500_AA300_.jpg

子供たちと一緒に瞬間的判断で数遊びができます。

もう一つは、

「かしこいビル」

61vDj-6sszL__SL500_AA300_.jpg

名作なのでご存知の方も多いと思いますが、
絵が独特のタッチで印象的なのと、
シンプルなのに引き込まれるストーリーが魅力です。

「ちょっと子供っぽいかな」と思いましたが、
娘の強力な推薦により読んでみると意外といい反応でした。

読む本どうしようと思ったら、この2冊、オススメですよ[黒ハート]

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。