So-net無料ブログ作成

「省エネとあかり」のこぼればなし [おしごとのこと・・・]

今回は、「省エネとあかり」について考えてみたいと思います。

省エネってどういうことでしょうか。

読んで字の如く「省く」「エネルギー」。

エネルギーをできるだけ省き、無駄をなくしてゆきましょうという
定義付けができると思います。

現代日本では考え方が多少飛躍して、
省電力(電気をあまり消費しない)電気製品に買い替えて、
電気を使う量を減らしましょうというのが、
一般的に広まった考え方のように感じます。

「エコポイント」という言葉が以前はよく聞かれましたが、
政府の後押しがあって省電力の製品に対する優遇などで
一気に省電力電気製品が広まりましたね。

そのようなバッグ九ラウンドを知った上で、
あかりのたねとしてはその価値観から抜け出して、
省エネについてもう少し掘り下げて考えてみたいと思います。

.エネルギーは「買った製品が消費する電気量」のことに限りません。

エネルギーとは

[1], ものを作る時

[2], ものを使う時

[3], ものを捨てる時

にも発生します。

私達は「②ものを使う時」のエネルギーを減らすことで
「省エネを実行している」と思ってしまいますが、
それでは物事のほんの一部分を見ているに過ぎないのです[あせあせ(飛び散る汗)]

例えば使っていたものが壊れたとします。
本当の省エネを考えるならば、これは本当に必要なものか、
一度立ち止まってよーく考えてみましょう。
これを何度か繰り返すことで、つい必要のないものまで買って捨ててしまうという
エネルギーの浪費を減らしてゆくことができるようになります。

それでもやはり必要だと思った時に、省エネルギーの製品を買いましょう。

最後に、今まで働いてくれた製品に「ありがとう[黒ハート]」という気持ちを込めて
お別れをしましょう。

「③ものを捨てる時」のエネルギーを少しでも減らすことはとても大切です。
まだ使えるものを捨ててまで「省エネの製品」に変えることは、
決して本当の省エネではありません[exclamation]


そんなわけで、次回は
「無駄」をできるだけ減らすためにはどうしたらよいのか…について
具体的な例を使ってわかりやすく解説してゆきたいと思います[ひらめき][ひらめき]


アントロポゾフィー研究会を終えて [研究会]

1階のミーティングスペースを使って
2カ月に1回のペースで、アントロポゾフィー研究会を開催しています。

長崎と佐賀からナビゲーターとして参加して下さる講師と共に、
集まった人たちとルドルフ・シュタイナーの書籍を読んでいきます。

ディスカッション形式で文章を深く理解しようとしてゆく中で、
沢山のヒントに出会います。

現在のテキストは「オックスフォード教育講座」。
この本をもとに教育について考えながら、私達自身の人生に
ルドルフ・シュタイナーの言葉をどう生かして生きてゆくかということも
大きなテーマです。

第三講を読み進めてゆく中で、大人として子どもを教育をする立場である
私達が、子どもという存在を認識したときに、私達がいかに立つべきかという
生き方についての示唆を得ました。

彼の語るような生き方をすべての人ができるわけではありません。
それはもちろん私もおなじこと。
ただ、いつも私は、迷いが生じたときに自分のブレを修正し、
帰る家のように彼の文章を読むのです。

答えは自分の中にあります。
自分がどのような習性を持ち、どのような独特の性格を持ち、
どのような悪癖を持っているか。どういう種類の好感や反感を持っているか
を真摯に問うとき、初めて意思を持って冷静に立つ視点を得ることができます。

ちょっととっつきにくい難しい内容にもかかわらず、
今回は8人が集まって、一日をかけて喧々諤々話し合える事が
とてもありがたい…と思います。

参加者は随時歓迎しています。

お問い合わせは

terima-kasih@abox3.so-net.ne.jp

までどうぞ。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。